骨盤の矯正で下半身痩せ効果を実感しよう!

骨盤がゆがむと太りやすくなりますがゆがむ原因は生活の動作が影響しています。骨盤の矯正をするにはまず姿勢をよくすることから始めます。
まず、立つ動作です。立つときはまっすぐ前を向いて頭が上に引っ張られるような感じですっと立ちます。このときお腹をひっこめるだけでなく、お尻もきゅっと力をいれるとより下半身が引き締まってきます。
次に歩く動作です。歩くときも姿勢を良くし、かかとから着地をします。イメージとしてはすっと歩く感じです。重心をうまく左右にかけることが大事ですので誰かに見られていると思って歩くとうまくいきます。
座る、という動作も下半身痩せに効果があります。座る場合は椅子に浅めにこしかけ、背筋をぴんと伸ばします。このとき、お尻をきゅっとしめるようにします。座ったら膝から下をぴったりくっつけ、足の裏も床にきちんとつけます。
寝る場合もうつ伏せでなく、あおむけで寝るようにします。その際足を少し高めにすると足のむくみも改善されます。
これらの日常生活を見直しながら次に骨盤体操を行います。腰に手をあてぐるぐるまわす、前屈と状態そらしをする、左右に押すという動作を1日10分ほど行います。注意点としては慌てずに行うことです。短時間でもゆっくり丁寧に行うと効果があがります。

太ももやせ